2008.07.18

意味ないイベントと意味あるイベント

 生イベントや視聴者参加型のイベントだと、イベントの主役と客がとても近い(少なくとも普段よりも)。

 だから主役が声を上げれば、客は反応する。
 そして客が声を上げれば、主役も反応する。

 (笑いとしてじゃなく)反応しない主役がいれば、
 それって誰のためにやってるんだろうね、っていう話。

 ここで主役が「自分のため」って答えたら、
 客が相当なMか、主役は「客は不要」と称えているんだろう。


 何も受付窓口のない一部のメディア(まとまった番組の形式)だったら別だけど、
 受付窓口があるのに前述した感じであれば、客は確実に酷です。


 "参加してるのに参加していない"みたいな。


 Stickamではよくある(見る)ことですが、
 自分はそういう事をしたくないです。

 距離が遠く、心も遠いか
 距離は遠いけど、心は近いか

 これはだいぶ違う。

 年末にStickamライブを辞めた理由をいくつか挙げましたが、
 思い返すとこれが一番大きいんだと思う。


 ...というわけで、再開は"自分に余裕が出来たら"なので、
 TPMとか何かイベントがない限り出ません(笑)


 Stickamライブをどうしても再開して欲しい方がいましたら、自分の代わりに課題やってくださいね(爆)


この記事へのコメント
コメントを書く
Name

E-mail

Homepage

Comment

この記事へのTrackBack URL