2005.12.14

逆ギレ(?)される

 今日の夜に電話が来て...大学入試指導センターなんだけど。

 てかさ〜、昔から大学入試指導センターの電話ってかなり評判悪くね?(常識に近いよね)
 ⇒大学入試指導センター(にちゃんねる)
 ⇒DC大学入試指導センターの実態・・・・・(にちゃんねる)
 別に"にちゃんねる"だけでなくそこら辺に書かれてるんだけど、被害者が集まってるのでね。

T氏:「あの〜▲君?」
ぬぬ。:「いや、違いますけど。」
T氏:「えーと、■君?」
ぬぬ。:「ちがいまーす」
T氏:「じゃあ●君って読むのかな?」
ぬぬ。:「全然違います」

 ↑名前が読めないらしく、8割以上の業者はこういう会話から始まります(笑)
  ちなみに何回も答えても正解率は1割以下です。

T氏:「じゃあ、何て読むのかな?」
ぬぬ。:「いや、いいですって。」
T氏:「え?何が?」
ぬぬ。:「いや、別に名前はいいですって。話を...」
T氏:「じゃあ"君"って呼ぶよ。」

 ( ´,_ゝ`)プッ

ぬぬ。:「それで用件は何ですか?」
T氏:「こんばんは。あのー、大学入試センター北学区を担当しているのTと申しますが、今、高校2年生だよね?」(←挨拶遅すぎ)
ぬぬ。:「まぁそうですけど。」

 以下異常に長くなるので要約すると...

 「面談を受けてもらって、いい人だったら特待生にしてやるよ。ココの奴らは9割以上が志望校に受かってんだぜ〜。」みたいな事を13分に亘り話されて。
 「何人中の9割だとか思ったし。お前の電話を聞いてる時間を勉強に使うわ!」と言ってやろうかと思ったんだが。

T氏:「それでね、18日とかお家に行って面談とかしたいんだけど、お母さん8時半くらいにいるか聞いてきてくれない?」(←どうでもいいけど、馴れ馴れしい)
ぬぬ。:「いや、いいですよ。」
T氏:「え?」
ぬぬ。:「だから、面接受けなくていいですって。」(←噂は有名なのでモチロンお断り)
T氏:「どうして?」
ぬぬ。:「別にいいじゃないですか。」
T氏:「はい?」(←いや、そこ聞き返すとこじゃないから..笑)
ぬぬ。:「受かりますから。」
T氏:「何でそういうことが言えるの?」(←おいおい逆ギレか?)
ぬぬ。:「受かる自信があるからですよ。」(→ご、合格予告!?)
T氏:「でも偏差値◎◎でしょ?岩手県立なんか受かるわけ無いじゃん!」(←今の数字だけで判断するな)
ぬぬ。:「まぁそれだけ見ればですけど。」
T氏:「榴ケ岡でしょ?去年とか過去に何人入ってると思う?」(←どうせ、少数だとか、いないよとかその辺の言葉言うんだろ?)
ぬぬ。:「そんなの知りませんて。」
T氏:「いないよ?学院でもいないよ?」(←うわ、予想通り。単に志望者がほとんどいないだけじゃないのか?)
ぬぬ。;「へぇ〜そうなんですか〜。だから何でしょうか。」(←かなり興味なし)

 ここにまた5分くらいの死闘を挟んで...

T氏:「自分がそう思うならいいと思うよ。落ちても納得できるなら。」

 何この「俺の所に入れば絶対に落ちないんだけどなぁ〜?」みたいなニュアンスは?
 少なくとも代々木さんとか駿台さんとかは行っても、お前の所は絶対に行かないから心配するな。

ぬぬ。:「はい、いいですよ。」
T氏:「そうですか(鼻笑) じゃあいいですよ。」(←鼻笑いされたし!!マジむかつくぅ!!!)
ぬぬ。:「はい。」
T氏:「さようなら。」

 何なんだアイツ〜!!!

 てか去年もここから電話があった気がするんだけど、「もう電話するなよ。」って言ったはずなんだけどな〜。何なんだコイツら。

 次電話来たら、「つべこべ言わずに、にちゃんねるを見ろ」って言ってやるか(笑)


>>2005/12/14 23:25追記
 大学入試指導センターにこんな注意書きが(笑)
 051214_1.png
 残念ながら、あなた自身が大変迷惑ですので是非自覚してください。


この記事へのコメント
コメントを書く
Name

E-mail

Homepage

Comment

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。