2006.03.23

Vodafone V604T 4月下旬以降

 V603Tからの大きな変更点は、ツインスピーカーが付いて、AACの再生対応したようですね。
 ツインスピーカー良いなぁ〜。

 あと微妙な変化はテレビ視聴中にメールが届くとテロップでお知らせするそうです(SHではとっくに対応してる機能ですね)

 この"TVロッドアンテナ"ってどんなもんなんだろ?画像見る限りアンテナらしきものが見当たらない。

 しかしこの時期に2Gで地上アナログ放送て...この際ワンセグ対応にすればよかったのに(6月から地デジ開始ですよ)

 まぁいいです。いつもの通り、数字で比較!してみましょう。勿論V603Tと比較。

■サイズ
V603T:幅50×長103×厚25mm
V604T:幅50×長103×厚25mm
■重さ
V603T:142g
V604T:145g
■メイン液晶
V603T:2.4インチスーパーファインポリシリコンTFT液晶
V604T:2.4インチスーパーファインポリシリコンTFT液晶
■サブ液晶
V603T:1,1インチTFCC液晶
V604T:1,1インチTFCC液晶
■メインカメラ
V603T:131万画素CMOS
V604T:131万画素CMOS
■連続通話時間
V603T:約120分
V603T:約120分
■連続待受時間
V603T:約380時間
V604T:約380時間

 数字では重さしか変わってねぇ〜(笑)

参考資料1:地上アナログテレビ、FMラジオ、音楽を楽しめる「V604T」を開発(Vodafone)
参考資料2:360度回転ヒンジでアナログ放送を視聴できる「V604T」発表(ITmedia +D)
参考資料3:ボーダフォン、テレビ受信機能搭載の東芝製「V604T」(ケータイWatch)
関連リンク:『発表』 V604T(新月の夜に樹上から)


2006.03.23 18:27 | Comment(0) | TrackBack(1) | 旧Vodafone | [編集]
この記事へのコメント
コメントを書く
Name

E-mail

Homepage

Comment

この記事へのTrackBack URL


『発表』 V604T
Excerpt: ボーダフォンから、360度回転ヒンジでアナログ放送を視聴できる東芝製の「V604T」が発表されました。 この機種の機能については以下を参照してみてください。 V604T ・4月下旬以降発売 ・地上アナ..
Weblog: 新月の夜に樹上から
Tracked: 2006.03.24_16:00
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。