2006.09.24

最近のSoftBankのニュースを並べたら

 ここ最近のVodafone&SoftBankのニュースを並べてみたらテンションがどんどん下がっていきます。
 後半に孫社長に喝!

× 一部端末で文字化けする不具合
 J-P01、J-P01U、J-P02、DP-145、DP-154、DP-194で絵文字の表示バグ

× シャープ製端末の不具合
 SHARP製の「みられまくっちゃ」「かぜがなおりかける」のバグ
 →「かぜがなおりかける」 V604SH(ケータイShoin3)で再現 ※動画で少々重いかも
 →「かぜがなおりかける」vsぬぬ。
 →風邪が治るらしいけど、延びる。

○ ポータルサイトが"Yahoo!ケータイ"に+サービス名称変更
 まぁYahoo!になることは悪くは無い。
 →ダサい、ダサすぎるよ、孫さん。
 →S!メールって...とか

× 電話番号案内料、9月1日値上げ
 他社にそろえた感じで値上げ。
 →Vodafone 9月プリペイド規約&104案内料改定

× プリペイド通話料、9月1日実質値上げ
 契約数を増やしたいのか、増やしたくないのか。
 →Vodafone 9月プリペイド規約&104案内料改定

△ "特別ハッピーボーナス"一部店舗で導入
 Vodafoneから一切公式発表は無い。

◎ "オンライン料金案内"10月1日開始
 これはいい。

○ "番号ポータビリティ"10月24日開始
 どうせauが1位になりそうだけど、いいサービス。

△ 新ロゴ発表+新色発表
 ロゴは微妙だけど、新色はよさ気。
 →Softbankロゴはシルバーだそうで。
 →904SHの新色いいかも♪
 →ソフトバンクモバイルに思う

× 固定電話・公衆電話からのメール送信サービス10月4日終了
 いいサービスなんだけどさびしい。

○ 副社長に松本氏就任
 プロが就任なのでいいですよ。

○ 国際電話で会社識別番号が10月1日不要に
 0046付けなくても良いらしい。

◎ 絵文字変換対応表を一部変更
 互換性が良くなりましたね。

○ MNP手数料各社一律2,100円
 後出しなのに同じでしたか。

× PDC新規受付2008年3月末終了
 エリアカバー不十分の状態での発表は不安を与える。

△ スーパーボーナス9月導入
 実質値上げ策。MNPで来たユーザーを他社に行かせない策。
 →スーパーボーナスと9月のカタログ

× V8シリーズのVodafone live!新規加入10月23日受付終了
 個人的に一番良かった端末じゃないかと思うんだが。

◎ モバイルSuica12月対応
 とりあえず2機種しか発表されてませんが...。いいサービス。

△ 有料コンテンツの暗証番号9月27日不要に
 手間が省ける分、セキュリティ面で危なそう。

○ 年内にHTC製Windows Mobile端末登場
 個人的に楽しみ。


 あと正式に発表はされてないけど、ハッピーボーナス・年間割引受付停止。
 →停止するなら金をくれ
 →現実味が増す

 見ているだけで、過去の良かったサービスを潰して、SoftBank色に染めてやろうというようにしか見えない。


 もう一度考えてほしい、孫社長。
 デジタルホン・デジタルツーカー時代やJ-PHONE時代のユーザーの事を。
 そしてもちろん現在のVodafoneユーザーの事も。

 Vodafoneがスタートした当初に「10の約束」っていうのがありましたよね?
Vodafoneから10の約束
1. もっとグローバルに
2. TVコールサービスを使いやすく
3. パッケージプランの提供
4. 先進機能搭載、優れたデザインのケータイを次々と
5. 機種変更、お求めやすく
6. 料金プランや割引サービスをパワーアップ
7. 「J-スカイ」は、「ボーダフォンライブ!」へ飛躍します
8. Eメール受信は今までどおり
9. 「J-フォンショップ」は、「ボーダフォンショップ」へ
10.「J-フォン」のケータイは引き続きご利用いただけます

 これらが半年も経たないうちに次々破られ、ユーザーはどんどん他社に流れていきましたよね?
 覚えていますか。
 ⇒消えた“ボーダフォンの10の約束”(ITmedia +D)
 ⇒ボーダフォンの契約者が純減──7月契約者数(ITmedia +D)

 SoftBankは今度こそ守ってくれるんでしょうね?
 ⇒お客さま第一主義の継続(SoftBankプレスリリース)
1. メールアドレスの継続
 現在「ボーダフォンライブ!」で提供しているメールサービスのEメールアドレスのドメイン名(「@」記号より後ろの部分)について、既存のお客さまはブランド変更後も引き続き「vodafone.ne.jp」を利用してメールの送受信ができるようにします。
2. 既存サービスの継続
 LOVE定額、家族通話定額などの定額サービスや、ハッピーボーナスなどの基本使用料割引サービス等、現在ご利用いただいているサービスは、今後も継続して提供していきます。また全国1,858店(2006年3月末現在)のボーダフォンショップをはじめとする全国の販売チャネルおよびアフターサービス網の整備と、お客さまセンター等におけるお客さま対応レベルの向上にこれまで以上に注力し強化・拡充していきます。
3. 社名・ブランドの変更
 お客さまにわかりやすく、親しみやすい社名およびブランド名を、準備が整い次第発表します。
4. ネットワーク、携帯電話、サービスの積極展開
 これまで以上に積極的に設備投資を行い、ネットワークの拡大、つながりにくいエリアの解消、屋内対策などを重点的に実施します。また、携帯電話ラインアップおよびコンテンツを始めとした各種サービスも、お客さまのご期待以上のものを提供していきます。
5. ソフトバンクグループ内のシナジー
 ソフトバンクBB株式会社、日本テレコム株式会社、ヤフー株式会社等、ソフトバンクグループ各社との連携を深め協働することで、「デジタル情報革命」推進を加速させていきます。

 もうすでに2がアウトになりかけていませんか?
 本当に"ハッピーボーナス"は継続されるのでしょうか? 半強制的に"スーパーボーナス"に変えられてしまうのに。

 巷で騒がれている客センの対応の悪さも改善するそうで。
 ⇒ボーダフォン 客セン 対応(Yahoo!JAPAN検索)

 楽しみにしています。
 どうなることやら。


2006.09.24 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旧Vodafone | [編集]
この記事へのコメント
コメントを書く
Name

E-mail

Homepage

Comment

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。