2006.10.06

日本に最低5人は居る

 10月1日以降、jp-x.ne.jpやvodafone.ne.jpからアドレス変更してないのにsoftbank.ne.jpドメインで送った他社ユーザ。

 はい、手挙げて〜。

 ...いますねぇ(笑)←妄想

 きっと日本国内はDAEMONさんの嵐(爆)

 まぁ自分は10月1日に速攻で
 (アルファベット4文字)@softbank.ne.jp
 に変えたので全く問題ないのですが。

 アドレス変更のお知らせを50人以上に送って、そのうち「わかった」的な返信が来たのが5通。
 その5通のうち、「これってvodafoneの人が全員softbank.ne.jpになるの?」っていう感じの返信が来たのが4通。
 その4通のうち、「10月1日以降にアドレス変更するとsoftbank.ne.jpになって、それ以外は今まで通りvodafone.ne.jpだよ」と丁寧に解説したのが4通。
 それを答える気持ち、priceless (注・別途通信料が必要です)

 てか、こう思っている人が日本中にうじゃうじゃ居そう。

 広告宣伝がマジで下手くそ。
 会見で孫社長が何度も「CM好感度No.1」って言ってたけど、好感度=宣伝上手 ではない。
 SoftBankのCMは端末の宣伝しかしてない。DoCoMoやauのようにストーリーを持たせながらさり気なく料金も宣伝するのがいいのでは?
 まぁ、今の状態で新サービス"スーパーボーナス"の料金の宣伝したら客離れは必至だと思うから、原点に戻ってJ-PHONE時代からの良いサービスである"家族割引"の副回線50%OFFをもっと出せばいいじゃないかい?それに合わせて家族通話定額も出せるでしょ?
 せっかく予想GUYさんっていう新キャラも出てきたことだし、ユーザに密着した感じでやればもっと良くなると思う。

 藤原紀香さんの頃が大変懐かしいわ。なんだかんだで木村カエラvodafone登場から1年半以上経ってるのよね。時が経つのは早いわ。


この記事へのコメント
コメントを書く
Name

E-mail

Homepage

Comment

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。