2007.09.17

疑問。

障害者宅の電気盗む 4年間…容疑の男立件へ 大阪

 大阪府松原市の看板製造会社従業員の男(37)が、近くに住む体の不自由な1人暮らしの女性(65)宅から無断で電気を引き込んでいたことが16日、松原署の調べで分かった。少なくとも約4年間、電気を盗んでいた疑いがある。女性は「犯人が隣人と分かり精神的にもショック」と話しており、同署は近く窃盗容疑で男を立件する方針。
(中略)
 調べでは、男は約5年前、女性宅と棟続きの2軒隣に入居。約1年後、電気料金の滞納で送電を止められたが、女性宅の屋外コンセントに約5メートルの延長コードを接続。電気を勝手に自室へ引き込み、以前と変わらない暮らしをしていた。
 男は出勤前に延長コードを自宅裏に隠し、夕方、仕事から戻ると再び差し込んで電気を盗んでいたという。被害額は数万円とみられる。
 女性宅は男の入居直後から電気料金が大幅に上がり、ブレーカーが落ちて停電する被害が頻発。電力会社や家主などに相談して調べたが、原因は分からなかった。
 今月6日、送電停止中の男の自室で蛍光灯がついているのを家主が目撃。不審に思い調べたところ、電気の引き込みが発覚した。
 通報を受けた松原署の事情聴取に対し、男は「電気料金が払えず、送電がストップして困っていた。半年ぐらい前から電気を盗んだ」などと容疑を認めたという。

(産経新聞)


 なんか凄いけどさ。

 ところで『仕事から戻ると再び差し込んで―』ってあるけど、仕事してたのに電気盗んでたの?

 にしても、延長コードって...。5mだったらたぶんドラム型ではないよね。
 そこからだけ電源引っ張って発火しなかったのが奇跡だったんじゃないかね。


この記事へのコメント
コメントを書く
Name

E-mail

Homepage

Comment

この記事へのTrackBack URL